日・米・中・露における朝鮮人の扱い方

■ 日本:第二次世界大戦(大東亜戦争)

【 旧日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル】(朝鮮軍司令部1904~1945)

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと

一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。

一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること

一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。


■ アメリカ:ベトナム戦争

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ

2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ

3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。

4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない

5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。

6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。


■ 旧ソ連(ロシア)

【 旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方 】


1、頭痛の種になるだけだから関わるな

2、手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな

3、関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな

4、関わってきたらウォッカ飲んで忘れようぜ



私が思うにロシアが一番正しいのかな~~
私も母から血を見ないと収まらないから朝鮮人には近づくな関わるなと教えられて育ちましたから・・・


■ 中国人がアドバイスする朝鮮人の扱い方

・馬鹿に情けをかけてはいけせん。

朝鮮人は「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。 又、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。だから、朝鮮人と付き合うのはとても厄介です。

朝鮮人は「対等」と言う概念を知りません。 朝鮮人社会は個人同士、どちらが優位な立場に居るか?それが、最重要な関心事です。

個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる民族です。この様な社会で生きる朝鮮人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。

・中国人は朝鮮人の軽薄な精神性を良く理解していますが、日本人は朝鮮人をあまり理解していません。

・日本人は朝鮮人を「まともな人間」だと思い対応しているので、問題が発生するのです。

・中国人から日本人に忠告します。「朝鮮人は犬だと思って付き合いなさい」それが朝鮮人のためでもあります。謝ってはいけません。

・筋の通らない理屈を言ったら100倍制裁をしなさい

・正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい

・裏切りに対して、温情は絶対にいけません

・実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。



伊藤博文 「嘘つき朝鮮人とは関わってはならない

吉田松陰 「朝鮮人の意識改革は不可能

新井白石 「朝鮮人は、己に都合が悪くなると平気で嘘をつく

新渡戸稲造 「朝鮮亡国の原因は、朝鮮民族という人間にある」

福沢諭吉 「この世の中に救いようのないどうしようもない民族がいる。朝鮮人だ」

夏目漱石 「余は、朝鮮人に生まれなくて良かった

本田宗一郎 「韓国人と関わるな